絶品と評判のソンブーンのプーパッポンカリーを食べてみた (DAY 5)

サムヤーン

タイ発祥のカニカレー炒め(プーパッポンカリー)が絶品であちこちでランキングされているという事で、発祥のお店で食べてきました。グルメ検証ですな。

発祥のお店はソンブーンという名前で現在はあちこちにチェーンを展開しているみたいです。

私はスクンビットからMRT一本で行けるサムヤーン駅のお店に行ってきました。

このお店ですね。駅直結ビルのチャムチリスクエアの1Fにあります。

ソンブーン シーフード (サムヤーン店) クチコミガイド【フォートラベル】|Somboon Seafood (Samyang)|バンコク
ソンブーン シーフード (サムヤーン店)を実際に訪れた旅行者が徹底評価!日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルでソンブーン シーフード (サムヤーン店)や他のグルメ・レストラン施設の見どころをチェック!ソンブーン シーフード (サムヤーン店)はバンコクで52位の地元の料理です。

店内は高級料理的なたたずまいで、客には日本人の姿も。

とりあえず一番小さいサイズのプーパッポンカリーとご飯を注文して待ちます。

値段は380THB(約1300円)、タイ料理の中ではかなり高級料理ですね。

しばらくして、料理と殻を割るペンチのようなものが出てきました。

蟹に私が苦戦していると、スタッフの女性がゴムの手袋を持ってきてくれて何やら食べ方をレクチャーしてくれてます。

手でつかんでガブリとやるんやで

それが一番食べやすい。スプーンはソースをすくって食べて、蟹は手で食べればよい。むしろ屋台の方が合うんじゃないかな。

 

お味の感想は「食べやすい味でイケる」感じでした。この料理については、安くて味をアレンジしたお店がまだまだありそうな気がしますね。

とは言え、ソンブーンは発祥のお店で店内も綺麗ですので最初のプーパッポンカリーのお店としてはおすすめです。

スクンビットからサムヤーンへはMRTで10分~15分くらいで行けますし、駅ビルの中のお店なのでさくっと寄れますね。

このエリアは24時間営業の人気カフェや日本人街のあるシーロムも近かったりして食通が住むにはよさそうです。

 

 

コメント